逆流性食道炎による口臭対策

最近、逆流性食道炎による口臭で悩んでいる人が多いです。逆流性食道炎とは胃酸が食道を逆流してくる症状のことを言うのですが、胃酸が逆流してくると胃の中で消化している食べ物の臭いが一緒に上がってきて口臭になります。

この症状は単純に歯を磨けば良いとかガムを噛めば良いという問題ではないので一度患ってしまうと中々改善されません。ただ、口臭の原因が逆流性食道炎だとハッキリすれば予防の方法はあります。逆流性食道炎による口臭を抑える方法としてまず胃酸を抑える必要があります。

胃酸が多くなればそれだけ臭いの原因が増えることになりますので、薬で胃酸の量を減らすなどの処置を行います。次に食生活に気をつけることも重要で、胃の消化物の臭いが口臭の原因なので臭いの発生しにくい食べ物を選択する必要があります。臭いの発生しにくい食べ物とは消化のしやすい食べ物です。消化しにくいものが胃の中に入ると消化する為に沢山の胃酸が出てしまうのです。

また、消化に時間が掛かれば消化中の食べ物の腐敗臭が胃酸と一緒に上がってくるので口臭の原因になるのです。

逆流性食道炎による口臭に悩んでいる人は消化しにくい肉類や油類の摂取は出来るだけ避け間食も極力減らしましょう。